内科はこんな所

内科はこんな所

内科というのは、他の科に比べると比較的に落ち着いていて、働きやすいというイメージがありますよね。
でも、内科というのは、他の科の患者さんが入ってくる事も多くて、混合病棟のような感じの病院が多いんですよ。
たとえば他の科でベッドの空きがない時など、内科に入院してくるというケースがあるんです。
その為、様々な症状の患者さんがいて、治療方針もいろいろですね。
いろいろな科の専門のドクターが関わっているので、私達看護師も、いろいろな知識や技術が必要になるんですよね。

それに、内科には高齢者の患者さんが沢山います。
オムツ交換、入浴や食事の介助など、介護の仕事が多いのも特徴だと思います。
病院によっては、看護師は看護師の仕事に専念できるように、介護士が沢山働いているところもありますね。
そのような職場は、体力的には楽です。

一つ、多くの病院が抱えている問題があるんですよ。
それは、高齢者の方が入院している本当の目的です。
実は、治療が目的で入院しているのではなく、療養の為、帰る場所がない為に入院が長引いているというケースがあるんです。
それは、どの福祉施設も定員を超えていて、受け入れる事ができなかったり、
介護スタッフが不足している事が原因だと思うんです。
介護施設が増えてきてはいますが、まだまだですよね。

そうなると、本当に治療をしたい人が、治療を受ける事ができなくなってしまいますよね。

内科というのは、以外と幅広い知識や技術を身につける事ができる科です。
でも、高齢者の施設もそうなんですが、患者さんの為には、専門の科で専門の治療を受けるのが一番望ましいですよね。
看護師や介護士が不足している以上は、なかなか理想通りにはいかないので、難しいですよね。

2013年12月 1日|